英語の発音を良くするヒントを紹介します

何度聞いても聞き取れないネイティブ発音について

日本人は、白人のアメリカンイングリッシュは慣れてくればわかりますが、黒人英語の場合、何度聞いてもわからないものがあります。

これには実際かなり頭を悩ませました。

ラップミュージックを聞いてみればわかると思いますが、英語が出来る人でも、ラップのリスニングはまったく出来ないと思います。

わたしも、これが英語なのかどうかも疑うほど、まったく聞き取れませんでしたし、今でもわからない時は結構あります。

ただ、白人の友人に聞いたところ「わからないものもある」という風に言っていました。

アメリカ国内においてさえ、他州の人からすると、南部の英語はなまりが強すぎて半分もわからないと言っていた人もいましたから、あまり深く考えずに、必要ならば覚えるという対処法でいいと思います。

わたしは東京周辺で使われている、いわゆる標準語を日本語で会話する際には使います。

しかし、地方に行ったときに、特に高齢の方々が話している言葉というのは、同じ日本語なのですが、まったく聞き取れずに・・・え???といった感じになる事があります。

何の事を言っているのかさえわからないので、軽いパニック状態になるわけです、「この人は一体何を言っているんだ」と。

これが英語でも普通に起こるということです。

なので、自分の英語力の無さを責めるよりも、黒人の英語の癖を覚えて、それを反復して覚える事が、黒人英語発音の攻略のコツです。

映画などでもたまにジョークまじりで例に出される黒人英語ですが、それほどユニーク性の高いものだという事なのです。

あとは、ネイティブに直接聞くのが一番早いです。

英語が出来る日本人に聞くよりも、生の英語を使っているネイティブの方が正確ですから、それを聞いて覚える、そして反復、この3ステップでこの問題は克服できます。