英語の発音を良くするヒントを紹介します

ワーホリや留学で英語が上達する人の特徴

ワーホリや留学で現地に長期滞在したとしても、英語が出来るわけではありません。

むしろほとんどの留学生は、まともな英語も話せずに帰国する人の方が圧倒的に多いです。

以前流行した言葉で、皮肉もこめた「遊学生」という表現がありましたが、実際そういう人は多いです。

なので、留学するのであれば、覚悟を決めて、日本人とはまったく話さないくらいの勢いで行った方が良いかもしれません。

それというのも人間はすぐに流されてしまう生き物ですから、結局流されてしまうと、自分の目的は達成されずに、何のためにワーホリや留学までしたのかがわからなくなり、無駄になってしまう事が多いのです。

海外に住んで、英語圏が上達する人の特徴は、やはり環境です。

どれだけ英語漬けの環境に自分をおけるのかで決まりますので、英語しか使わなければ、自然と英語はうまくなります。

それはだんだんと、英語で英語を考えるようになるからです。

学生の頃、英語の先生に英和辞典じゃなくて、英英辞典で辞書をひきなさいと言われた事はありませんか?

これは正しいと思います。

なぜなら、英語で英語を引く事でさらなる未知の英単語と出会え、倍々ゲームで語彙力が増えていくからですが、これを続けるのはしんどいのも確かです。

しかし、慣れてくると段々楽になっていきますので、最初にしんどい思いをして後から楽になり、確実な英語力を手に入れるか、最初から最後まで日本語で考えて、日本語英語を話し続けるか、結局そのどちらかしかないのです。

さらにもし自分の選択が後者だという人であれば、ワーホリや留学する意味がありませんから、おすすめはしません。

結論から言うと上達する人は、日本語を捨てられる人です。

いずれにしても母国語というのは、忘れる事はありませんから、一度覚えてしまうと、いつでも出し入れが可能になります。

最終的には英語をこの状態に持って行けるかどうかでしょうね。