英語の発音を良くするヒントを紹介します

ワーキングホリデーに行っても英語は上達しない?

ちょっとショックかもしれませんが、ワーキングホリデーで英語がしゃべれるようになった人を、わたしはひとりも知りません。

・・・残念ですが、どの人も中途半端で終わっています。

ワーホリビザで滞在できる期間は、国にもよりますが、仮に1年滞在できた場合、1年で語学を習得できる人なんて、おそらくどれだけすぐれた人でも無理だと思います。

わたしは、日本人をもう30年以上やっていますが、それでも日本語を上手に使う事は出来ませんし、丁寧語や、ビジネス会話も苦手です。

周囲から指摘された事はありませんが、自分自身で迷う時がありますので、これは日本語をきちんと勉強してこなかったツケが来ているのでしょう。

もし語学力向上のためにワーホリなどの中途半端な期間で行くのであれば、仕事を見つける事に集中して、仕事が決まってから現地で英語を学んでいくのが、本来は一番良いと思います。

実際、海外で英語が出来なくても仕事している人はたくさんいますし、わたしの知り合いでも多くいます。

そ して、ワーホリで仕事を得るためには、事前に何かしらの専門職や、突出した職歴がなければ、何の武器も持たずに「ただ海外で働きたい」という理由だけで ワーホリビザを取得しても、ほぼ間違いなくうまくいきませんし、英語も上達せず、現地の日本人留学生とつるみ、毎日飲んだくれて終わるのがオチです。

これが、悲しいですがほとんどのワーホリ生活者の現実です。

夢を見る事は悪い事ではありません。

しかし、夢を叶えるには、力とそれを証明する経歴が必要になってきます。

この2つを持たない人は、留学生ではなく「遊学生」または、ただ海外でフリーターをしているだけの旅行者になってしまいます。

海外に出るのであれば、自分の軸を持って英語力を磨く事を覚悟しないと、行けばうまくなるという事は絶対にありません。