英語の発音を良くするヒントを紹介します

外国人とのコミュニケーションではまず「聞く・話す」が重要

英語力を上達する方法として、最も効果的とされる方法が「しっかり聞く、しっかり話す」事です。

ネイティブの恋人が出来れば、これが出来るようになります。

というのもコミュニケーションなしに関係を築くことなど絶対に出来ませんから、頑張らないといけない状況に追い込まれるわけです。

日本人は英語の読み書きが出来ても喋れない人がほとんどですが、この理由は、教育課程でそういったチャンスがなかった事と、英語で話さなくても十分に生きていける、むしろ英語で喋る必要性がないという環境が、そういった状況を作り出していると思います。

わたしもそうですが、人間は自分が心地よいと感じる手段で生活しようとするもので、たとえば今の世の中で、火をつけるのに、わざわざ摩擦熱を利用して火を起こす人はいないはずです。

ライターやガスコンロを使えば一発で着火できますから、そんな原始的な生活をしていたら、時間はいくらあっても足りませんよね。

つまり、あえて面倒くさい方向へ自分を追い込み、英語で話し、英語で理解し、英語で聞くという事を強制的にしていると、自然と聞く事も話す事も出来るようになります。

ネイティブや外国人と話をする時に、最初はまったくわからないかもしれませんが、何度も何度も注意して話していると、なんとなくわかってきます。

この方法の最初のコツと言うかきっかけは、一単語でもいいから聞き取れるようになる事です。

たとえば、It's such a wonderful sunny day, isn't it? などと話しかけられた場合、ネイティブの会話ならit'sは省略される可能性がありますし、最後の不可疑問の部分も速すぎて聞き取れないと思います。

ここでわかるのは、wonderfulとsunnyの2つ。

 これなら結構最初の段階で聞き取れるようになるので、天気が良いという話をしているんだなとわかります。

まずはそこから会話が生まれるわけなので、天気の話をされたらこう返すなどという、自分なりの返しのパターンを作っておくと良いと思います。