英語の発音を良くするヒントを紹介します

聞き流しでは英語が上達しない理由とは?

リスニングと会話は、日本人が最も不得意とする分野だと思いますが、その理由は簡単です。

わたしたちの教育課程で、ほとんどと言っていいほど、機会がないからです。

特にわたしの時代などは、英語をまともに喋れる先生などいませんでしたし、発音も今思うと、めちゃくちゃでした。

最近では、外国人講師を起用したり、英語に興味がある人は、試験を受けたりして、リスニングまでは機会があっても、会話するチャンスはほぼありません。

ある意味、東大生でも英語がしゃべれないというのは当然の結果です。

 リスニングを鍛えるには、耳をネイティブの音に慣らす事だとよく言われますし、何度も何度も繰り返し聞いていると、自然に耳が慣れていき、努力しなくてもリスニングが出来るようになるという人がいます。

しかしこれは、厳密に言うと正しくありません。

語学を習得する上で大事なのが、インプットとアウトプットのバランスで、そのためには発音や喋り方を学び、それを何度も何度も、ネイティブに試してみる。

すると当然のことながら、必ず何度も失敗する事になります。

でもそこまでやって初めて、自分のリスニングは間違っているんだという事に気づけるのです。

これは恥ずかしいし、大変だと思いますが、でもここまでくれば、あとは改善するだけなので、本当の英語上達にグッと近づくのです。

しかし聞き流しているだけでは、この間違いにいつまでたっても気づけません。

また、わたし自身何度も経験したことですが、自分ではまあまあ良く聞き取れたつもりが、実際はまったく違う単語だったというようなことは、海外で生活してみると頻繁に起こります。

どうしてそんな勘違いが起こるかと言うと、聞こえた単語を(本当は違う単語なのに)自分の知っている単語に無理やり当てはめようとするからなんですよね。

つまり、語彙力とリスニングも、実はリンクしている点に気づく必要もあるのです。

これだけの気づきを、果たして本当に「聞き流し」だけで得られるものでしょうか?

自分の母国語にしても、私たちは聞き流しているだけで、日本語が出来るようになったわけではありませんよね。

幼い頃から周りの人たちとたくさん話して、失敗した結果、出来るようになったのです。

それを今一度、思い出しましょう。