英語の発音を良くするヒントを紹介します

英語をマスターするのに語学留学は必要か?

語学習得=留学?と考える人は多いと思いますが、実際はそうでもなく、わたしは、日本人で留学している人たちをたくさん知っていますが、ほとんどまともな英語を喋る事が出来ません。

中には出来る人もいますが、それはアメリカ人の彼氏がいた人や、元々耳が良い人に限っての話で、普通の大学で英語が流暢に喋れる人というのは、本当に少ないです。

つまり、語学習得=留学ではなく、留学中に得たチャンスがきっかけで英語を喋れるようになったというのが正解だと思います。

語学留学が与えてくれる可能性を書き出してみましょう。

まず、英語圏に留学すると、英語しか話せない環境、英語しか使わない環境がおのずと出来上がります。

そこで日本人コミュニティーに入るなどして日本語漬けになってしまうとだめなのですが、そこで英語漬けで生きるか、日本語も使うかという選択肢が出来ます。

日本にいる限り、日本語を使わないと生活が出来ませんから、この選択肢は絶対にありません。

ズバリ、語学留学の最大の利点はここにあります。

また、ネイティブと触れ合う機会がたくさんあるので、生の英語を観察する事が出来ます。

教科書からでは学べない、口の動きや、はやっている英語のスタイル、若い人たちが使う英語など、いろんな生きた英語が学べるのも留学ならではですね。

また、ネイティブの恋人や友人が出来ると、自然に語学力も上達します。

ですから必要かどうかと聞かれたら、必要ではありませんが、有利ではあります

ただ、何が何でも留学する必要はありません。

日本にいても、英語オンリーの外資系の会社などもありますし、都会に出れば、外国人が集まるバーなどもありますので、そうした方法で語学力を鍛えていく事も可能です。

要は留学という機会を、本人がどのように使うかです。