英語の発音を良くするヒントを紹介します

どうして私の英語はネイティブに通じないの?

この問題は、外国人と話すと必ず発生します。

わたしは、外国に行く前に、TOEFLではそこそこ良い点数をとっており、英語には自信がありました。

しかし、いざ現地に行くとまったく通じず、わたしの英語の仕方は間違っていたのではないかとパニックになりましたし、ひどく落ち込んだものです。

ひとりで映画館に行き、映画を見た時も同じ状況になりました。

まったくわからなかったんです。

それまで日本では、字幕スーパーで意味を見ながら聞いていたので、なんとなくわかっていたのですが、すべて英語という状況下に立たされたのはじめての事だったので、まったくわかりませんでした。

しかし、これは他の人も同じですので、心配しなくても大丈夫です。

聞き取れない、音が拾えないという事は、発音も通じません。

なぜなら、耳が正しく英語の音を拾えていないので、日本語のカタカナに変換して発音しようとしているからです。

たとえば、日本人は外国人にあいさつするときに「ハロー」と言います。

 外国人からすると、これはHelloと言っているのかな?と言った感じで、判断しています。

テレビなどでよく外国人が「コンニチワ」と言っていますが、挨拶の状況下にあるから判断出来るだけで、ぼーっとしているときにいきなりその発音であいさつされたら、わたしの場合は、聞き取れないと思います。

ネイティブに通じない理由は簡単です。

ネイティブと同じ発音とイントネーションをしていないからです。

わたしたちが子供の頃、両親の日本語の発音をそのまま真似て出来るようになったはずです。

口の形、舌の使い方、音・・・これらをそのまま真似する事で、出来るようになりました。

ですからこれを解決するためにやることは、これを英語に応用するだけなのです。

このポイントを理解している人は、まっすぐのびていきますし、気づかない人はいつまでたっても成長しません。

そうすればネイティブに近い音を出せるようになり、通じるようになっていきます。