英語の発音を良くするヒントを紹介します

日本人には難しい英語の発音はこれだ!

英語には日本語にない発音というものがあります。

みなさんも聞いたことがあるかもしれませんが、日本人には苦手な人が多いthの発音やv、f、zなどもそうですね。

しかし単語をひとつひとつゆっくり正確に発音していけば、ネイティブには必ず伝わるもので、伝わらない場合は、発音がおかしいのです。

わたしたちが、外国人と接するときも同じですが、「コンニチワ」と言われると「ああ、こんにちは。か」とすぐに判断する事が出来ます。

それは音が同じで、アクセントが違うだけだからです。

わたしたしの日本語は、一気に上から下に流れるように「こんにちは」と発音する言語で、例えば「すし」という発音でも、アメリカ人などは、「すーぅしーぃ」と一度アクセントが下がり最後に上がります。

この発音する上でのイントネーションの違いなどは、一呼吸ありますが、わかってはくれます。

ところがこれを「すし」と言いたいのに「せし」などと発音してしまうと、相手が何の事を言っているのかな?となるのは当然です。

察しの良い人なら、前後の文脈から、予想する事が出来るかもしれませんが、伝わらずに適当に流されてしまう事がほとんどです。

なので、発音さえ正確に出来れば、アクセントがおかしくても確実に伝わりますので、大丈夫です。

そして、なぜこれらの発音が日本人が苦手なのかというと、ずばり、その音自体が日本語に存在しないからです。

音がないから、どうやって発音していいのかわからない。

そのため大半の人は「日本語の中で似た音を探してあてはめる」という事になり、これが「発音が良くない」とされる原因なのです。

ですから発音を良くするには、英語には日本には無い音があることを自覚して、日本語にないネイティブ英語の発音をすべてノートに書き出し、それを繰り返し何度も何度も練習する事が一番です。

というか、それしかありません。

地味な練習ではありますが、誰も最初から出来る人はいませんので、舌がつるくらいまで練習しましょう。