英語の発音を良くするヒントを紹介します

英語には日本語の発音にはない音がある

英語に日本語の発音にはない音があるというのは事実で、これは英語に限らずどの言語にもあることです。

たとえば韓国人は「フ」や「ツ」の音を持ってないので、「イフ」と発音しようとすると「イプ」となりますし、「ツ」を発音しようとすると、「チュ」となる、こういった誤差は必ず生まれます。

基本的に多言語を習得しようとするときに、みんな自分の母国語に置き換えて学ぼうとします。

そのために、自分が知っている音に近い音でその言語を表現しようとするために、ネイティブの発音から遠ざかり「正しく発音しているつもりなのに理解されない!」という状況が作られてしまうのです。

日本語にない英語発音の代表的な例として、LやRの発音、TH、V、F、aeの発音などがあげられます。

中でもたとえば、日本人の「らりるれろの音」というのは、LとRの音とは似て非なるものなので、混合して使ってしまうとネイティブには通じません(これが日本人がLとRの発音が苦手な理由の一つです)。

Waterという単語はよく使いますが、日本語的な発音でいうと「ウォーター」となります。

しかし、これではまったく通じません。理由は日本語に近い発音が存在していないからで、ネイティブ発音をそのまま発音するのが一番通じます。

Waterは、カタカナで言うと「ワラァ」という音に近く、これなら通じます。

Rの音は下を丸めて発音し、Lは舌を細めて発音します。

舌が上の歯のつくような感じですね。

口の形と、動き、舌の形、舌の動き、息のはき方、歯の使い方、そして後は正確に聞き取る力があれば、発音の壁は突破できます。

つまりは、観察と訓練、そして改善です。

これを繰り返していくだけで、クリアです。

まずは日本語で考えるという考えを捨て、英語で英語を学ぶようにしてみましょう。