英語の発音を良くするヒントを紹介します

実はネイティブだって正しい発音を訓練している

フォニックスという言葉に、みなさんは馴染みがありますでしょうか?

これは去年大阪の小学校の教育制度にも導入される事が決定した、英語の学習法で、具体的には「単語をどのように読むか」を学ぶもので、各単語のスペルに規則性を設け、基本的にはそのスペルに割り当てられた音をその通りに発音すれば、正しい発音が可能になるというものです。

これは英語の発音の原点ともなるもので、フォニックスを学ぶ過程で日本語にはない音も学べるので、実際に英語圏での英語を喋る際、聞く際に、必要となってくる重要な知識でもあります。

ただこれは日本で生活する分にはほとんど使う機会がないため、小学校の義務教育に取り入れることに関しては、不満の声も上がっているようです。

しかし、このフォニックスという学習方法で英語を学ぶと、確かにネイティブに発音を近づける事が出来るので、仮にその単語を知らなくても、何と言っているかはわかるようになりますので、これから英語を習得したい人にとっては、必修科目とも言えるかもしれません。

その感覚は例えて言えば、わたしたちが知らない日本語を聞いた時に、意味や漢字がわからなくても文字に書き起こす事が出来るのと同じです。

フォニックスは、英語圏に住んでいる子供たちが小さい頃に学ぶ学習方法でもあり、日本人の大人が学習するのには効果が薄いという説もあります。

しかし日本人の子供も、小さいころからこの学習方法で英語を勉強していれば、大人になった時にかなり効果を実感できると思います。

恐らくアメリカンスクールに通う日本人の子供たちが英語に堪能になるのと同じで、正しい学習方法が明確になれば、その環境さえ整えてあげれば、子供たちは誰でも英語が出来るようになるのではないでしょうか。

私自身の経験からも感じるのは、英語が出来を左右するのは才能ではなく、環境と学習方法だと思いますので、どれだけ英語圏のネイティブに近い環境を、親が子供に与えてあげられるかがカギになってくると思います。

その意味では冒頭で紹介した、大阪での取り組みには興味深いものがありますし、もし本当に大阪を一歩も出ずに、フォニックスを学んだ子供たちが、ネイティブ並みの発音が出来るようになったとしたら、これは凄いことだと思います。

また、ネイティブと同じやり方を真似ればうまくなるという着眼点は正解だと思います。

とにかく徹底的に真似をする事で、バイリンガルとしては、かなり高い位置までいけるようになると思います。