英語の発音を良くするヒントを紹介します

ネイティブには聞き取りづらい日本人的発音とは?

日本人が英語として認識している「日本語英語」というものがあります。

わたしも、英語圏の国に行くまでは、通じないなんて思いませんでしたし、何度言っても伝わらないので、驚きと同時に、フラストレーションもたまりました。

最初はなぜ、こんなギャップが生じるのかがわからなかったのですが、長い間滞在するとその理由は判明しました。

たとえばアメリカ人の英語の発音というのがあります。

同じ英語という単一の言語であっても、オーストラリアのオージーイングリッシュ、カナダの英語、インド人が使う英語など、発音も表現方法もまったく異なります。

そしてこれは日本人に限った話でもなく、わたしの知り合いのアメリカ人も、オーストラリアに留学した際に、まったくオーストラリア人の使う英語がわからず困惑したそうです。

彼らの使っている単語などは、同じ言語なので、かぶっているものが多く、文法などは大きな違いはないのですが、発音は異なります。

このように、同じ言語でも国によって違うのは、日本語のなまりと同じように考えると良いと思います。

わたしは、標準語や関西弁はほぼ100%わかります。

その理由は「なじみがある」からで、毎日テレビなどで聞いていて耳が慣れていますから、自然に耳に入ってきます。

しかし、東北のなまりはほとんどわからない、英語もこれと同じです。

これはつまり生活する国よって発音は変えなければいけないということで、この考え方から言うと、日本語のカタカナ英語というのは、通じません。

なぜなら、日本語の中にある音で、近い音を探し、英語に無理やり変換しているからです。

代表的なところでは、th発音をカタカナの「ス」で発音するとまったく通じません。

また、vは「ヴィ」ではなく、下唇を上の歯でゆるく噛み、息が漏れるように吐きだし、下唇を振動させて発音しなければならず、これは日本人が綺麗に発音するには訓練が必要な音です。

他にも、shの発音は「スィ」ではなく「シ」に近い発音でしなければ伝わりません。

これらはカタカナで表現するのには限界があるので、日本語を捨てて現地の発音で覚えるようにしましょう。