英語の発音を良くするヒントを紹介します

英語の発音を鍛えるわけ

英語の筆記試験だけ出来ても、実際の会話にそれが反映されわけではありません。

実際に外国人と話してみるとわかるのですが、発音をインプットしてから発音するように心がけて行かないと、会話が通じません。

挨拶程度の日常会話であれば、なんとかその場凌ぎでのりきれるかも知れませんが、友達関係や韓国人の前でのプレゼンテーション、社内のビジネス英会話での生活、会話の内容が密になればなるほど英語の発音を鍛える事は重要になってきます。

また、自分の発音がネイティブアメリカ人に近づいていく成長過程を見るのは、かなりうれしいですし、発音が上手に出来るようになると「外国人なのに 綺麗な発音してるね」とか、「全然なまってないね。アメリカで生まれたのかと思ったよ!」などと褒められると自信につながるものです。

自信というのは、英語力を伸ばす上で、非常に必要な要素となり、英語力の成長は少し伸びたと思ったら、ブランクに突入し、うまくしゃべれなくなる時期もあります。

そしてその時期を過ぎると今度はイッキに急成長する。

そういった感じで登っていくので、メンタル面をどれだけコントロールできるかによっても、英語力の伸び幅は大きく異なってきます。

英語の発音は日本語の発音には無いものが多いです。

thの発音だったりvの発音だったり、日本語のなかには含まれない音を、彼らは多用するので、練習なしに、その音を手に入れる事はできません。

私たちが日本語を喋る時にもそうですが、小さい頃から両親の喋り方や発音を口の動きを真似して、ようやくしゃべれるようになります。

つまり、赤ちゃんの頃、日本語を覚えたやりかたで、それを今度は英語で繰り返すという作業が必要になってくるというわけです。

つまり英語の発音を鍛えることは、コミュニケーション能力を高めるために必要なことと言えるのです。

日本語でも訛りの強い日県民と話すのはとても難しいでしょう?英語もそれと同じなのです。